今さらながら 映画『君の名は。』


メディアのあちら、こちらから『君の名は。』という映画の話を聞いた。

男の子と女の子が入れ替わる話だ、という。そのストーリー自体は新しくない。

では何でこんなにもこの映画のタイトルを聞くのか?不思議だった。どこかにそれが引っかかっていて、

本日それを確かめてみた。

例えるならアレだ。

今ならWBC。現在開催されている、ワールドベースボールクラッシック、世界野球大会(略しすぎ)で、

活躍中の小林誠二(読売ジャイアンツ所属)の『情熱大陸』出演を見守るがごとくだ。

『情熱大陸』の演出は知っている。さぁ、どう料理する?ってな感じ。

安心して下さい。ここからは、もう野球も情熱大陸も出て来ません。


この映画、ラッドウィンプスというグループが全音楽を手がけている。私には、そのグループのミュージックビデオ

長編版に思えてしまった。冒頭の音楽の鳴らし方、後半のストーリーの一番重要な所で入ってくる歌。

いいところで鳴らしやがる。私がこれまで映画を観てきた中で、音楽は重要な要素の一部で、効果的に使われてきた映画

とは違う鳴り方で入って来る。『さぁ、入れますよ。どうですか?』的なのだ。それ故にそう感じてしまった。

このグループがこの映画の音楽を監督と一緒になって作り上げたらしい、ということを後で知った。

一緒になって盛り上がって作った故か。。。

ストーリー自体はオモシロいし、「入れ替わる」を知っていても、どうなるんだろう?どうなるんだろう?って観いってしまう。

もったいないと思う。そんなに音を前に出さなくったって、自然と入れればいいのに。

せぇ〜のっ!!って見えるから、ん〜〜っ?!、て思ってしまう。

音楽が売れない時代。何か見えない何かが動いているっ? 元々音楽を売るための映画作りだったりして。
c0152742_22224190.jpg

[PR]
by nine2eight | 2017-03-21 01:07 | Movie | Comments(0)
<< 麺屋てっぺん ふたたび 神戸さんちか 第89回センバツ高等学校野球大... >>